STARK日記

リーマンの植物育成日記…のはず

MENU

ビカクシダたちの成長記録(2021-05-1)

こんにちは。あっという間に5月ですね。

現在GW真っ只中です。

といっても緊急事態宣言でどこにも行けないのですが^^;

 

 さて今日もビカクシダの様子を~。

約2週間ぶりです。

前回記事はこちらから。

stark.hatenablog.jp

 

まずはビフルカツムから。

成長中だった胞子葉はかなり大きくなりました。f:id:godkther23:20210501094410j:image

しかし元々生えていた胞子葉二つは流石にそろそろ茶色くなってきました。

手持ちの他のビカクに比べるとビフルカツムの胞子葉はかなり長いこと緑を維持できますね。芯の方はすごく硬いし丈夫です。f:id:godkther23:20210501094454j:image


f:id:godkther23:20210501094507j:image

二つの子株はどんどん大きくなってきました。

暖かくなってきたし、GWも暇だしそろそろ分けようかな。


 

 続いてリドレイ。

少し細いですが、胞子葉が伸びてきました。f:id:godkther23:20210501094619j:image


f:id:godkther23:20210501094630j:image

今回は最後まで成長させたいですね。

胞子パッチも大きくなってきました。f:id:godkther23:20210501094653j:image

リドレイは結構日差しに強く、風も好きなような気がしているので、この頃暖かい日には外に出しています。テレワークは飽きてますが、植物の面倒はいつでも見れて良いです。

 


 

続いてコロナリウム。

貯水葉が毎日成長しています。


f:id:godkther23:20210501094720j:image


f:id:godkther23:20210501094735j:image

どこまで伸びるのか。

そして最近貯水葉の成長中は壁にかけていないので、側面まで覆ってきました。ここまで覆うともう壁に掛けられないですね^^;

飲み込まれた胞子葉は黄色くなってきました。f:id:godkther23:20210501094806j:image

根本が見えないけど抜け落ちるときはどうなるのかな?

逆側からはこんな感じ。

かなり立派になりました。

お洒落園芸屋さんだと1万は超えそうな感じがします。

f:id:godkther23:20210501094926j:image

今日もお付き合いいただきありがとうございました。


 

 

ビカクシダたちの成長記録(2021-04-15)

こんにちは。あっという間に4月ですね。

テレワークなので外の状況はいまいちわからないですが、新入生や新社会人があふれているのでしょう。平日は完全引きこもりなので、土曜日は自然に触れあおうかなと思っていたのですが生憎の雨予報。何して過ごそうかな。

 

さて今日はビカクシダの様子を~。

約3週間ぶりです。

前回記事はこちらから。

stark.hatenablog.jp

 まずはビフルカツムから。

本体の貯水葉の成長が途中で終わってしまいましたが、胞子葉はかなり成長しました。

f:id:godkther23:20210415190734j:plain

しかし、子株が微妙に成長してきてはいだしょうこが描いたスプーみたいになっています。笑

左下の子株はだいぶ大きくなったのでそろそろ…

f:id:godkther23:20210415191304j:plain

下の子株はまだまだ小さい。

 

f:id:godkther23:20210415191319j:plain

 


 

 

続いてリドレイ。

f:id:godkther23:20210415191624j:plain


大きな変化はないのですが、胞子パッチが大きくなってきました。

 

f:id:godkther23:20210415191712j:plain

成長点からも新たな胞子葉がでてきました。

f:id:godkther23:20210415191741j:plain

 


 

続いてコロナリウム。

f:id:godkther23:20210415191832j:plain

f:id:godkther23:20210415191905j:plain


左側の貯水葉が大分成長しました。

しかし完全に胞子葉を咥えこんでいます。笑

f:id:godkther23:20210415191945j:plain

吸い込まれた胞子葉は若干黄身がかっています。

抜け落ちるときどうなるかな…。

今日もお付き合いいただきありがとうございました。


 

 

世界らん展2021へ行ってきた!

昨日になりますが、今年も世界らん展に行ってきました。
 今年は中止になるかなと思いましたが何とか開催されました!
※3/31(水)まで開催されていますのでお近くの方はぜひ。
 
チケットは、コロナ対策のため、あらかじめ時間を指定して購入する形になります。
当日は少し早めに後楽園につき、時間までシェイクシャックでランチ。

f:id:godkther23:20210328142838j:image
当日はジャイアンツの試合があったようで後楽園はジャイアンツファンだらけでした。
 
!?ジャイアンツの試合?
 
毎年東京ドームで開催されている世界らん展。
ジャイアンツの試合が東京ドームであるならどこでやるの!?
改めてチケット購入時のメールを見返すと後楽園のプリズムホールとのこと。
そう。毎年東京ドームで開催されていますが、今年は東京ドームシティ プリズムホールでの開催でした。歩いてすぐではありますが、今年行く方はご注意ください。笑
 
わくわくして入ると、東京ドームではないだけあってかなり小規模に;;

f:id:godkther23:20210328134519j:plain

まずはオーキッドゲートがお出迎え。
ただ綺麗なランがお迎えしてくれました。

f:id:godkther23:20210328134601j:plain

入口周りには立派なビカク達がありました。

f:id:godkther23:20210328134647j:plain

 

f:id:godkther23:20210328134701j:plain

 

入り口を抜けると、えびねが咲き誇る小道があり、そこを抜けると受賞したらんが大量に展示されています。

f:id:godkther23:20210328135059j:plain

 ブログ書くつもりがなかったのであまり写真とっていないのですが。笑

f:id:godkther23:20210328135138j:plain

今年の日本大賞はこちらでした。
 
それを抜けると毎年恒例の志穂美悦子さんの作品

f:id:godkther23:20210328135311j:plain

IKKOさんの作品

f:id:godkther23:20210328135506j:plain

写真はないですが、付近に華道家の假屋崎グッズを販売しているコーナーがありました。ご本人もいて、グッズを購入した方向けにサイン会が行われていました。
 
そして目当てのボタニカルマーケットへ。
チランジアや、ビカクでいいのがあればいいなと思っていましたが、チランジアは皆無で、ビカクも2店舗で少量のみの販売でした。
ビフルカツムや、ダウボーイ、ウィリンキー等がありましたが、大体安くて8000円~でした。昔に比べたら高いですね。ウィリンキー欲しかったですが1万円したのであきらめました。
 
グッズでいうとじょうろと霧吹きが一体化しているもの。これは少し欲しかったです。結構昔からあゆようですが。
 
 出口付近では資生堂さんのRIVITALのサンプルを配っていました。

f:id:godkther23:20210328142611j:image
 
 
所要時間としては1時間以内で十分に回りきれると思います。展示も少なく、例年に比べるとかなりボリュームダウンしているので正直、毎年行っている方には物足りないと思います。でもやってくれるだけありがたいです!

 

来年こそは東京ドームで開催してほしいですね。

 

お付き合いいただきありがとうございました。

 

ビカクシダたちの成長記録(2021-03-26)

こんにちは。すっかり春らしい陽気になりましたね。

近所でも桜が咲いてとても気持ちも明るくなります。

とりあえず今日もビカクシダの様子を~。

約2週間ぶりです。

前回記事はこちらから。

stark.hatenablog.jp


まずはビフルカツムから。

現在は右側の貯水葉の成長がストップ、胞子葉は右側に反れていっていまっています。

f:id:godkther23:20210326122641j:plain

 

 左下の子株の2本の胞子葉は伸び続け、新たに3本目の胞子葉が。

f:id:godkther23:20210326122712j:plain

 

 

下からも子株の胞子葉が成長中。

f:id:godkther23:20210326122831j:plain

 


 

 

続いてリドレイ。

f:id:godkther23:20210326122930j:plain

それほど大きな変化はないのですが、胞子パッチが大きくなってきました。

f:id:godkther23:20210326123011j:plain

貯水葉が枯れてきましたたので、そろそろ新たな貯水葉が成長して丸く覆ってほしいです。

 


 

続いてコロナリウム。

f:id:godkther23:20210326123255j:plain

左側には貯水葉がグングン大きくなってきました。

メロンシャーベットみたいな質感で可愛いです。

f:id:godkther23:20210326123326j:plain

しかし!胞子葉を避けてくれず、がっつり覆ってきてしまっているのでどうなっちゃうのだろうと思っています。

f:id:godkther23:20210326123428j:plain

裏から見るとこんな感じ。

この胞子葉をとっちゃえば綺麗に覆ってくれると思うのですが、まだ枯れていないから取るのも嫌で…。そうこうしているうちに、変な形になっちゃいそうですが…

どうなったかは次回を見ていただければと思います。笑

 

今日もお付き合いいただきありがとうございました。


 

 

塊根植物たちの成長記録(2021-03-14)

こんばんは。
モチベーションがあるうちに更新です。
毎回記事コピーのビカクシダの記録ばかりでしたが、たまには違う植物を!

2年ぶりの塊根植物です!

 

前回記事はこちら

stark.hatenablog.jp

 
トップバッターは、ディオスコレア・エレファンティペス

2年前の塊根部分はこんな感じでしたが。

 

f:id:godkther23:20190116204743j:plain


現在はこのような感じ。

f:id:godkther23:20210314174734j:plain

 

比較してみると流石に、ひび割れが大きくなって格好良くなった気がします。

このまま大事に育てたいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

多肉植物 os亀甲竜(キッコウリュウ)おもしろ多肉植物
価格:2178円(税込、送料別) (2021/3/14時点)

楽天で購入

 


続いてはモフモフが可愛いシンニンギア・レウコトリカ

2年前の塊根部分はこんな感じ。


f:id:godkther23:20190116205050j:plain

現在はこんな感じ。

f:id:godkther23:20210314174757j:plain

 

葉は先日茎から抜け落ちました。笑

気持ち大きくなったかな。


 

 

他には2年前から育てているアルブカコンコルディアナがありますが、今は無残な姿になっているのでまた今度ご紹介します。

 

こんな感じで密やかにビカク以外の植物も生存しています!

 

お付き合い頂きありがとうございました。


珍奇植物 ビザールプランツと生きる 塊根植物・サボテン・食虫植物など400種 灼熱の砂漠から熱帯雨林の植物たち [ 藤原 連太郎 ]

 

ビカクシダたちの成長記録(2021-03-14)

おはようございます。そしてご無沙汰しております。2か月振りくらいの更新です。今日はホワイトデーですね。出遅れましたが、 このブログを書き終えたら支度して買いに行ってこようと思います。

昨日今日と妻が実家に帰省中でして、少し時間があったので、植物以外の趣味(時計や革靴)について記事を書いてみようと奮闘していました。

本格的にやるならサーバー借りてwordpressでやるというのがいいとは思うのですが、続くかわからないし、簡単なこのブログでさえ現在の更新頻度なので、そこまで初期投資と時間をかける覚悟はまだなく。

しばらくは今の環境でやっていこうと思っています。当分は、阿部寛の公式HPのような簡素なブログになるかと思いますが、宜しくお願いします。

 

とりあえず今日もビカクシダの様子を~。

前回記事はこちらから。

stark.hatenablog.jp

 

まずはビフルカツムから。

やっぱり順調。

現在は右側の貯水葉と胞子葉が成長中。

f:id:godkther23:20210314105015j:plain

 左下の子株からは二本目の胞子葉

f:id:godkther23:20210314105047j:plain

この子株から出る胞子葉、直毛でなくてクセ毛なんですよね。
結構大きくなってきたのでこの春、分けてみようかなと思います。

コルクも新しく余ったし…(理由はこの後;;)

下からも子株の胞子葉が成長中。

f:id:godkther23:20210314105238j:plain

脇から下からとなんだか阿修羅マンみたいで不格好になってきていますね。笑


 

 

続いてグランデ。

前回はこちら。

f:id:godkther23:20210120181307j:plain

そして現在は…

何も変化がなかったので悲しいですが埋葬しました。3年間ありがとう。

亡骸のコルクはビフルカツムの株分けに使おうかなと思っています。

可愛いビカクだったのでまた育てたいな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コウモリラン プラティセリウム グランデ 観葉植物 9cmポット
価格:1518円(税込、送料別) (2021/3/14時点)

楽天で購入

 

 

続いてリドレイ。

f:id:godkther23:20210314105810j:plain

小さかった胞子葉も成長してスプーンができました。

f:id:godkther23:20210314105855j:plain

少し今までより細いのでこれから対策を考えなくてはなと思っています。 

 

続いてコロナリウム。

f:id:godkther23:20210314110025j:plain

 ちょうどお風呂場で水をあげた時にとりました。
f:id:godkther23:20210314110043j:plain

現在はこのようにかなりのビッグサイズに。

左側には貯水葉がでてきています。

f:id:godkther23:20210314110139j:plain

右側の貯水葉が茶色になる前に、大きく育ってもらって久々にALL緑の貯水葉が見たいです。

 


 

 

厳しい季節は乗り切ったので、これからもっと元気に育ってくれるといいな。

今日もお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

ビカクシダたちの成長記録(2021-01-20)

 

こんばんは。前回の更新から一年以上経過してしまいました。

生活環境が大きく変わり、中々時間がとれなくなってしまいました。

世の中も大きく変わりましたね。

昨年の3月以降、テレワークになり、今日までの出社も5回未満です。

すっかり太っていましました。

不安な日々が続きますが、皆で協力して何とか楽しく過ごしましょう。

 

今日も久しぶりのビカクシダの様子を~。

前回記事はこちらから。

 

stark.hatenablog.jp

 

まずはビフルカツムから。

やっぱり順調。

新たに左側を覆う貯水葉が成長中。

右側のは湿度不足か、全部を覆う前に成長が止まってしまいました。

f:id:godkther23:20210120180639j:plain

 そして左下から子株が。

f:id:godkther23:20210120181118j:plain

下からも子株が。

f:id:godkther23:20210120181200j:plain

子株はもう少し大きくなったらとりわけてみようかな。 

 

続いてグランデ。

前回はこちら。

f:id:godkther23:20190501184722j:plain

 

そして現在…

f:id:godkther23:20210120181307j:plain

…ゾンビ?!…少し水やりがおろそかになってはいましたが…

完全に枯れた感じ。

もう少し様子を見てみよう。

 

続いてリドレイ。

f:id:godkther23:20210120181353j:plain

 

f:id:godkther23:20210120181405j:plain

成長は悪くないのですが、形が若干崩れてきました。

また、新たな胞子葉は茶色今まであまり成長せず。

f:id:godkther23:20210120181435j:plain


暖かくなったら仕立て直ししたほうが良いかな…。

 

続いてコロナリウム。

一番格好良く成長しているのではないでしょうか。

f:id:godkther23:20210120181603j:plain

一番気にかけているのもありますが、かなり順調に成長中。

左側の貯水葉は枯れてフレイザードのようになっていますが、胞子葉はぐんぐん成長中。

f:id:godkther23:20210120181655j:plain

 

 このままどんどん伸びていってほしいですね。

やはりコロナリウムのカールのかかった長い胞子葉はとても魅力的です。

 

冬は一応加湿器をつけ、湿度は常に40%以上になるように、温度は床暖をつけ18度を下回らないようにしていますが、それでも成長は鈍いですね。

湿度が足りないのかなとも思います。

 

こんなブログでも少しは見てくれた方がいたようです。

在宅で少し時間に余裕ができたので、今年はちょこちょこ更新したいと思います。

 

今日もお付き合いいただきありがとうございました。